×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   


秩父市街から国道140号を進むと右手に和銅遺跡入口の看板が見えてきます。
日本通貨発祥の地 これは見ておかないといかんでしょう!
聖神社を参拝後、和銅採掘露天掘を見に美の山方面をしばらく歩きます。
少しわかりにくいですが小さい立て札が見えてきますので、そこを沢に向かって
下っていきます。
山の沢沿いは、ミヤマクワガタが生息している可能性大!
秩父方面は、オオクワ生息の報告もあるので

歴史もクワガタも両方楽しめるPOINTOでしょう。
羊太夫伝説の一文に和銅発見により 「羊太夫は、奈良まで(和銅を持って)毎日、天皇の御機嫌伺いに100余里の道を往復した。とか書かれている。
もしかしたら当時、銅の運搬作業にクヌギの木などが使われいつの間にかオオクワガタが秩父に持ち込まれたのか、
当時の人間にもクワ好きがいて偶然にも持ち込まれこの地で繁殖したのかもしれない・・・・な−んてね。(^^ゞ
 
 ちょっとわかりにくいですがここを下っていきます 沢沿いの林道を少し歩きます
   
 クヌギがけっこうあるんです。 このあたりで露天掘り?
  
 大きいモニュメント
  
   
   
   金山抗跡

Copyright (C) 2011  P  All Rights Reserved