×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天覧入りの沢は、諏訪沢入り、本郷入り、御嶽入りと大きな四つの
谷津の1つで天覧山−多峯主山の途中にあり車で奥まで行くことは
できません。
ハイキングコースまたは住宅地横を抜けて行くとたどりつけますが
奥まった位置にあるため貴重な生物が生き残った場所といえるでしょう。
湿地帯のため夏には道を逸れて歩くのは難しいですが、今時期は
奥の奥まで見渡すことができます。
コナラ・スギ・ヒノキが多く、アラカシ、クヌギ、シイ、モミの木も多く
ヤナギも見られます。
夏の甲虫観察(ホタル含む)には、とても楽しみな場所です。

天覧山方面の林道
だんだんと里山として生き返ることでしょう!
住宅地方面入り口 このメクレクヌギにはきっと多くのミヤマクワガタが・・。
多峯主山方面、天然記念物の飯能笹 見返り坂

Copyright (C) 2008  P  All Rights Reserved