×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新小金井街道がまだ拡張工事をする前の少しの間だけ
この浅間山のすぐ隣に住んでいました。
子どもの頃の記憶なので定かではありませんが当時はまだ
ただの低い山で周りには畑が多く多磨霊園がすぐ近くにあり
子供心になんとなく奥まで入っては行けない禁断の森でしたが
それでも近場で唯一カブトムシが採れるという冒険の森でも
ありました。
あれから30数年、浅間山は完全に市民の憩いの森になっており
ムサシノキスゲが自生する府中ではちょっとした公園となっています。

この公園は駐車場がないため車で来ることはできませんが
この規模の雑木林でこれだけ多くのクヌギ・コナラが見られる所は
そう無いでしょう!
こちらからは梅の木が見られます 木の種類がわかるようにもなってます。
あずまやでお弁当を広げるのもいいですね。 クヌギの多さに圧倒されます。
散策路を歩いていくと人見四郎さんの墓跡が・・・。
冬場は見通しがいいです。
こちら側の散策路にはハンノキもありムサシノキスゲもこのあたりで見られます。
ハンノキの目印です こちらは遊具がある公園になってます。
こういうクヌギも数多く見られます。夏はどうなってるのでしょう!!!
明治大学横のフェンス側の道はジョギングコースにもなってます。浅間神社はこの階段からどうぞ、息切れしないように・・。
毎回説明するのも嫌になるがこういうすばらしいクヌギがあるのになんでトラップがいるのかがよくわからん!
標高79.6の頂上です。 途中にシラカシもあります。
説明によると昔河川により周囲が削り取られここだけ残ったとのことです。
橋を渡ると多磨霊園です。
右が明治大、左が多磨霊園の雑木林
このクヌギの枝、よく折れないですね。珍しい!
すごい数のスズメバチトラップです。何匹はいっているのでしょう。

Copyright (C) 2008  P  All Rights Reserved