×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

武蔵村山の北側に位置し、緑豊かな自然の中にあります。
正式には野山北・六道山公園と呼ばれてますが、昔は六道と野山は
わけて呼んでいました。
かたくりの湯があるこのあたり一帯を野山北公園、瑞穂方面を
六道山公園と呼んでいました。

かたくりの湯は、2002年にできましたが、昔は、灯油缶の入れ物に
お湯をくんだりすることができたという記憶があります。
また、温泉場の前では、最近個人でやっているミニ牧場もできたり
少しずつ観光スポットのような場になってきています。

にぎやかになることは、逆に昆虫観察にはマイナスなんですが・・。
公園内は、遊びの森と冒険の森の2つのエリアに分かれていて
どちらのエリアもアスレチックを十分楽しめます。
クワガタ採集でいうと足場が整備されすぎてノコギリクワガタの数は
めっきり少なくなりました。

写真左と下は、遊びの森エリアの遊具類
人気のなが〜い滑り台
道を外れて歩くとこんなヘビにも・・・木に同化して近寄るまでわかりませんでした。(アオダイショウ)
写真左 市営プール
その奥の谷戸には、カタクリ群生地と学習田が広がっています。
一部菖蒲園もできました。
春から夏にかけてのんびりこのあたりを散策すると気持ちが
とってもいいですよ。


6月上旬ごろはカエルの大合唱です。
学習田 この上に広がる大きな広場には、住居跡などの遺跡があります。
この上が冒険の森 展望デッキ
トラップはかたづけないと・・・。こんなのなくてもたくさんカブトムシはいるんだけどなぁ〜。

Copyright (C) 2007  P  All Rights Reserved