×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


昭和初期にできた人造湖でその周りには貴重な自然が今でも多く
残されています。(村山山口鳥獣保護区特別保護地区)
以前はフェンスもなくバイクででも進入する事ができました。
しかしいろいろな問題から現在は水道用地の中は車両進入禁止
となりました。(自転車もダメです。)
もし鳥獣の保護・繁殖に著しく支障ができてしまうようなことになると
いずれこの狭山林道は全面立ち入り禁止区域にされてしまうかも
しれません。

丘陵横断に、普通に歩いて40分ぐらいはかかります。
人に出会うことがめったにありませんので大自然を独り占めした
気分を味わうことが出来ます。
フェンス内にいいメクレの木をいくつか発見できますが
手出し出来ないのがとても残念です。
放虫かもしれませんが以前はこの近辺でオオクワガタを
見つけた事もあります。
アスファルトの住宅地とは5度ぐらい気温が違いますね。湿度もあります。この林道には監視カメラも所々に・・・。
水道管理で立ち入り不可 フェンス内のクヌギ密集帯 入れれば・・・見てみたい・・。
導水路沿いの林道 夏でも涼しいです。 多摩川の小作取水堰からの導水路 ここから湖の水を貯めます。
新しくフェンスができここも立ち入りがいよいよできなくなりました。 縄竹橋 間違っても脇道にそれ進入しないように!即捕まります!
ジョギングしているかたとよくすれ違います。夏でもそんなに暑くなく自然な感じがいいのでしょう。
大沢の橋跡? 原生林のようです。貴重な植物もあるので入らないように・・。
狭山丘陵でミヤマが観察できた古木 二股、右側が通常路
   
夜間ははっきり言って迷いますので危険です。
これ以上フェンスができないよう大事にしていきたいものです。 東京側の出入り口
 

Copyright (C) 2008  P  All Rights Reserved